研究の強み

Research Strengths

YNUでは、約600名の研究者が様々な分野で多様な研究を行っており、世界と日本の人々の福祉と社会の持続的発展に貢献する「実践的学術の国際拠点」として「知」を創造・実践しています。
個々の研究だけでなく、学内および国内外の他機関の研究者との共同研究を促進するため、先端科学高等研究院では8のユニットを形成するとともに、研究推進機構が24の研究プロジェクトを「YNU研究拠点」として認定し、社会的要請の高い分野、学術的分野、社会的あるいは学術的に高く評価されている分野及び先駆的分野等の研究にも力を入れています。また、海外の140以上の大学と学術交流協定を締結するとともに、毎年、海外の大学から約300人の研究者を受け入れています。

1強い分野

YNUは、以下の分野において、科学研究費助成事業※1の2018-2020年度の間の新規採択累計数※2が国内でトップ10に入っています。

※1 「科学研究費助成事業」とは人文学、社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピアレビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うもの。

※2 ここでは、「基盤研究(B)」、「基盤研究(C)」および「若手研究」において、新規採択累計数3件以上の分野に限定。

分 野 国内順位 新規採択累計数 累計配分額(単位:千円)
日本語教育関連 6位 5 29,380
経済統計関連 3位 4 16,120
経済史関連 7位 3 10,010
経営学関連 9位 12 99,450
数学基礎関連 1位 3 17,420
材料力学および機械材料関連 9位 4 43,810
構造工学および地震工学関連 7位 3 26,000
航空宇宙工学関連 8位 4 30,420
船舶海洋工学関連 8位 7 78,260
安全工学関連 2位 5 42,900
材料加工および組織制御関連 5位 6 53,040
光工学および光量子科学関連 5位 6 79,560

2卓越した研究

YNUでは、以下の分野・プログラムが、過去5年間に科学研究助成事業の「基盤研究(S)」に採択されています。

※「基盤研究(S)」とは科学研究費助成事業の中心となる研究種目である基盤研究の中で、「安定的な研究の実施に必要な研究期間」と「研究遂行に必要かつ十分な研究費の確保」により、これまでの研究成果を踏まえて、さらに独創的、先駆的な研究を格段に発展させるために設けられている研究種目。原則5年間、1課題につき5,000万円以上2億円程度まで支給される大型の研究費。例年、日本全国で90件程しか新規採択されていない。

研究分野・領域 氏 名 受賞時の所属・職名 プログラム名・研究内容等
ナノマイクロ科学関連 武田 淳 工学研究院・教授 位相制御近接場によるハイブリッド極限時空間分光の開拓
ナノマイクロ科学関連 小坂 英男 工学研究院・教授 ダイヤモンド量子ストレージにおける万能量子メディア変換技術の研究
電気電子工学関連 竹村 泰司 工学研究院・教授 磁性ナノ粒子のダイナミクス解明が拓く革新的診断治療技術
電気電子工学関連 吉川 信行 工学研究院・教授 可逆量子磁束回路を用いた熱力学的限界を超える超低エネルギー集積回路技術の創成
電気電子工学関連 河村 篤男 工学研究院・教授 効率99.9%級のエネルギー変換が拓く持続的発展可能グリーン社会の実現
応用物理工学関連 馬場 俊彦 工学研究院・教授 イオン感応性を原理とする超高感度ナノレーザバイオセンサ
ナノマイクロ科学関連 小坂 英男 工学研究院・教授 ダイヤモンドナノ量子システムにおける量子メディア変換技術の研究
研究費の受入状況
www.ynu.ac.jp/education/ynu_research/accept

3世界にインパクトを与える論文

YNUでは、Web of Science※1によると、過去5年間に発表されたYNUの論文は、特に以下の分野において世界中で引用されています。

※1 Web of Scienceとは、世界を代表する学術文献データベースのひとつ。1900年にまで遡る世界中の21,000誌(2019年11月現在)を超える影響力の大きい学術雑誌や重要刊行物を対象に、分野を横断した検索を実行して引用文献パターンを分析することができる。

分 野 YNU論文数 CNCI※2 被引用数 被引用数世界
トップ1%論文
被引用数世界
トップ10%論文
天文学・宇宙物理学 77 1.68 711 2.60% 14.29%
光学 158 1.61 1,045 3.16% 13.92%
機器・計装 74 1.60 333 1.35% 5.41%
物理学、粒子・界 71 1.59 651 2.82% 8.45%
物理学総合 76 1.48 752 2.63% 13.16%
生態学 77 1.32 753 2.60% 14.29%
計算機科学、理論・方法 72 1.16 213 1.39% 9.72%
計算機科学、人工知能 54 1.13 175 1.85% 9.26%
環境科学 121 0.96 992 0.83% 8.26%

※2 CNCIとはCategory Normalized Citation Impactの略称。CNCIのポイントが1以上の分野は、世界水準以上であると言われている。

4優秀研究者賞受賞者

YNUでは、「個々の研究者の研究意欲向上」、「本学の研究力向上」、「将来の学術研究を担う優秀な研究者の育成」を目的として、2011年度に「横浜国立大学優秀研究者賞」を創設し、優れた研究成果を挙げた研究者を顕彰しています。2020年度の受賞者は以下のとおりです。

種 類 受賞者 受賞時の所属・職名 専門分野(科研費分類)
奨励賞 板垣 勝彦 国際社会科学研究院・准教授 公法学
上野 和英 工学研究院・准教授 エネルギー関連化学
小関 健太 環境情報研究院・准教授 数学基礎関連
比嘉 紘士 都市イノベーション研究院・助教 水工学関連
過去の受賞者一覧
www.ripo.ynu.ac.jp/about/ynu_research/award/

5著名な賞の受賞者

YNUの教員は、過去5年間に以下の著名な賞を受賞しています。

賞 名 授与者 受賞者 受賞者所属
令和2年度文化庁長官表彰 文化庁 門倉 正美 名誉教授
令和2年度文化庁長官表彰 文化庁 宮坂 元裕 名誉教授
令和2年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞 文部科学大臣 太田 裕貴 大学院工学研究院
令和2年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞 文部科学大臣 上野 和英 大学院工学研究院
2019年度濱口梧陵国際賞(国土交通大臣賞) 国土交通省 柴山 知也 名誉教授
パラグアイ共和国上院議会 表彰 パラグアイ共和国上院議会 藤掛 洋子 都市イノベーション研究院
平成31年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞 文部科学省 北村 圭一 工学研究院
令和元年度環境保全功労者表彰 環境大臣 藤江 幸一 先端科学高等研究院
日本学士院賞 日本学士院 藤野 陽三 先端科学高等研究院
第67回(平成30年度)横浜文化賞・芸術奨励賞 横浜市 藤原 徹平 都市イノベーション研究院
平成29年工業標準化事業表彰 経済産業大臣表彰 経済産業省 米屋 勝利 名誉教授
平成29年度外務大臣表彰門 外務省 タラ・キャノン 国際戦略推進機構
平成29年度文部科学大臣表彰 科学技術賞 研究部門 文部科学省 渡邉 正義 工学研究院
平成28年度産学官連携功労者表彰 総務大臣賞 内閣府 吉岡 克成 環境情報研究院
平成28年度文部科学大臣表彰 科学技術賞 研究部門 文部科学省 馬場 俊彦 工学研究院
平成28年度(第65回)神奈川文化賞 神奈川県 西沢 立衛 都市イノベーション研究院
第52回電気保安功労者経済産業大臣表彰 経済産業省 大山  力 工学研究院

注目の国際プレスリリース

Notable International Press Releases

国際的な科学ニュースサイトEurekAlert!において、2018-2020年度に本学から発信した国際プレスリリースの中から、注目の10本のニュースをピックアップして紹介します。この他のニュースについても、大学のウェブサイトの「国際プレスリリース」で詳細を確認することができます。

新生児の経皮ビリルビン値及びバイタルサインの経時的マルチモニタリングをIoT技術で実現

2021年3月3日 Science Advances にオンライン掲載

工学研究院の太田裕貴准教授、稲森剛大学院生らの研究グループは、横浜市立大学と共同で、新生児医療に向けた経皮ビリルビン値・SpO2・脈拍同時計測ウェアラブルデバイスを実証しました。

シリコーンゴムを主材とした材料を新生児とデバイスのインターフェースに用いることで高密着性が実現され、微細加工を用いて光学設計を最適化することで経皮ビリルビン値・SpO2・脈拍の三つのバイタルを額から経時計測できるスマートデバイスを実証しました。さらに光療法中の経皮ビリルビン値の経時計測も可能であることも臨床試験で確認しました。

その他のバイタルサインも同時に検出できるようなデバイスに発展させることで新生児医療の高度・高効率化及び在宅医療へのハードウェア技術としての展開が期待できます。

EurekAlert!
イメージ画像

超伝導回路で省電力マイクロプロセッサの動作を実証

2020年12月15日 IEEE Journal of Solid-State Circuits にオンライン掲載

先端科学高等研究院のChristopher Ayala准教授と吉川信行教授らの研究グループは、超伝導回路を用いた省電力マイクロプロセッサの4.2Kでの動作実証に世界で初めて成功しました。

本プロセッサは、断熱法と呼ばれる回路技術を用いて超伝導回路の消費電力を極限的に低減しており、現在の半導体集積回路技術に対して5桁以上(冷却に必要な電力を見込んでも2桁以上)の低電力化が可能となります。

高性能コンピュータや量子コンピュータの制御回路への応用が期待されます。

EurekAlert!
イメージ画像

二種類のスチレン化合物の酸化電位の差を巧みに利用した光環化付加反応

2020年6月11日 Organic Letters にオンライン掲載

環境情報研究院の本田 清教授と星野 雄二郎特別研究教員らの研究グループは、独自に開発した有機フォトレドックス触媒を活用して緑色LED照射下二種類の異なるスチレン化合物を効率的に環化反応させることに成功し、多置換シクロブタン環の高選択的合成法の確立を達成しました。

今回それぞれのスチレンの酸化電位とフォトレドックス触媒の励起還元電位を巧みに調整することにより、これまで困難とされてきたスチレンの可視光照射下クロス[2+2]環化付加反応の開発に成功しました。

この穏和な反応条件によりこれまでほとんど合成例の無いハロシクロブタンの合成も可能となり、有機合成上有望な反応として期待されます。

EurekAlert!
イメージ画像

高エネルギー密度蓄電池材料の発見

2020年3月25日 Materials Today にオンライン掲載

工学研究院の藪内直明教授らの研究グループは、マンガンとチタンから構成されたナノサイズ試料を合成することで、大きな放電容量と高いエネルギー密度を実現する新しい電池材料の開発に成功しました。

既存の電気自動車で用いられているコバルトやニッケルを利用しない低価格・高性能なリチウムイオン蓄電池の実現は、電気自動車の普及にも繋がると期待できます。

EurekAlert!
イメージ画像

複素環化合物の高収率化をもたらす新しい光増感剤の合成

2019年7月19日 The Journal of Organic Chemistry にオンライン掲載

環境情報研究院の本田 清教授と星野雄二郎特別研究教員および田中健太博士らの研究グループは、新規チオキサンチリウム光増感剤の分子設計と合成法を確立し、緑色光照射下光増感レドックス触媒反応によって薬化学や材料化学において重要な複素環化合物であるクロマンの選択的合成に成功しました。

これまでに知られている代表的な緑色光増感剤では反応が進行しない一方、今回の研究で開発したチオキサンチリウム触媒では、わずか0.01当量の触媒量を用いて室温3時間程度で目的のクロマンを高収率で与えました。

チオキサンチリウム触媒の高い励起還元電位がこの反応を可能にしたと考えられ、今後様々な有機合成反応への応用が期待されます。

EurekAlert!
イメージ画像

世界初、光子からダイヤ中の炭素への量子テレポーテーション転写に成功

2019年6月28日 Communications Physics にオンライン掲載

量子インターネットを実現する量子中継の大容量化に道

工学研究院の小坂英男教授らの研究グループは、ダイヤモンド中の炭素同位体を量子メモリーとして用い、量子テレポーテーションの原理を応用して、光子の量子状態を維持したまま情報漏えいによる盗聴の可能性なく量子メモリーに転写することに世界で初めて成功しました。

研究グループは、ダイヤモンド中の窒素空孔中心(NV中心)の電子と近傍の炭素同位体の核子を量子もつれ状態にし、光子の吸収による核子への伝令信号付き量子テレポーテーション転写を実現しました。これにより多数の量子メモリーに光子の量子状態を個別に転写および一時保存でき、量子中継の処理能力を格段に向上できます。

本成果は、量子暗号通信注を量子中継でネットワーク化した量子インターネットにより、量子コンピューター、量子シミュレーター、量子センサーなどの量子接続を可能とし、超高速かつ秘匿性を保つ量子計算や高精度な量子計測などへの道を拓くと期待されます。

EurekAlert!
イメージ画像

明るさ知覚のメラノプシン細胞の役割を解明

2019年5月20日 Scientific Reports にオンライン掲載

環境情報研究院の岡嶋克典教授らの研究グループは、巧みな心理物理学的手法を用いて、明所視での明るさ知覚における網膜のメラノプシン細胞の機能を明らかにしました。

明所視での明るさ知覚は、錐体視細胞の信号だけで決定されると考えられてきましたが、今回の研究で、メラノプシン細胞の出力が明るさに大きく寄与していることを明らかにし、その特性を定式化しました。

今後、メラノプシン応答も含めた明るさ情報処理の全容解明ならびにより精緻な測光学の構築が期待されます。

EurekAlert!
イメージ画像

毛髪再生医療を目指した毛包原基ヘアビーズの開発

2019年5月9日 Biomaterials にオンライン掲載

バイオプリンタを用い毛包原基の高効率な大量調製を可能に

工学研究院の福田淳二教授らの研究グループは、毛髪再生のための移植組織として、コラーゲンゲルビーズに間葉系細胞を包埋すると自己収縮する反応を利用して毛包原基を作製する方法を開発しました。

ヘアビーズと名付られた新規開発ゲルビーズを使うことで、従来よりも発毛効率の良い移植組織を大量作製することができます。

EurekAlert!
イメージ画像

マイクロ波偏光を用いた独自の量子ビットによる、エラー耐性と量子もつれを克服する量子操作の実現

2018年8月13日 Nature Communications にオンライン掲載

室温で使える万能量子コンピュータへ道

工学研究院の小坂英男教授の研究グループは、量子コンピュータの量子回路(量子ゲート)の研究において、エラー耐性を持ち、より高速かつ高精度な量子ゲート操作を室温の完全無磁場下で実証することに世界で初めて成功しました。

今回、同研究グループは、ダイヤモンド窒素-空孔中心(NV中心)を構成する空孔中の電子や窒素原子内の核子のスピンがとるエネルギー準位を「幾何学量子ビット」と名付け、この独自の量子ビットに対し偏光マイクロ波を用いることで、室温下で量子情報処理において必要とされる全てのゲート量子操作を実現しました。この操作手法では課題であったエラーを排除することができ、操作精度の限界を実質なくすことが可能であることをシミュレーションにより証明しました。

この成果により、室温で動作するあらゆる量子素子実現に道を拓き、暗号化通信や創薬といった複雑な問題解決への応用が期待されます。

EurekAlert!
イメージ画像

室温で傷を修復する、乾かないゲルを開発

2018年7月31日 Advanced Materials にオンライン掲載

イオン液体中での高分子間の多点水素結合を利用した自己修復性イオンゲル

ゲルの特異な性質には液体の存在が不可欠なため、水などの揮発性液体を用いる従来のゲルは、液体成分が揮発により徐々に失われると著しく性能が損なわれることが問題でした。

工学研究院の渡邉正義教授と玉手亮多研究員らの研究グループは東京大学と共同で、揮発しない液体であるイオン液体を溶媒とする「イオンゲル」に室温での自己修復性を付与することに成功しました。

高い強度・優れたイオン伝導性も有していることから、自在に変形可能な IoT用フレキシブル電子デバイス材料としての応用も期待できます。

EurekAlert!
イメージ画像

入試・受入れ情報

Admissions Information

学部・大学院(研究生を含む)の入学試験、交換留学(JOY)およびサマープログラムに関する概要や、資料のダウンロードについては、留学生向け入試・受入れ情報をご確認ください。